プロフィール

だめ兄

  • Author:だめ兄
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ検索

キーワード検索
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

萌えアニメ系 ダメブログ
萌え系アニメやアニラジ大好きさんが、その場の気分で無意味に書き連ねる、ダメダメなブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.C.S.S. ダ・カーポ セカンドシーズン 7月23日放送
オープニングから走るアイシア。
すでにドジっ娘メイドさんと言うより、ネイティブいたずら娘な雰囲気でいっぱいです。

アイシアにもお部屋が与えられて、うきうきなアイシア。
学校も、一緒のところに通わせようと言う魂胆です。
一緒に手をつないで登校ですか?
魔法学園?
勝手に校内をうろつくアイシア。ネイティブだね。

2度寝の朝倉。起こしてくれるはずのアイシアが勝手に遊び歩いているので、そのまま就寝のご様子。

気にせず遊びまくるアイシア。
うわさの浅野さん演じるメガネっ娘も出てきましたね。自習時間に漫画を描くような女らしい。


美春に出くわすアイシア。でも、気が付かなかったようです。
どっちもネイティブ。

お昼前になっておきだす朝倉。音夢がいなくなって、「朝倉」と言えば純一を指すようになりましたが、もうすぐ音夢が復活するんですよね。


昼休みに登校する朝倉。
すでに学校ではアイシアの起こした騒ぎで持ちきり。
すっかり朝倉の責任になってしまっています。
みんなでアイシアを探すものの、見つからず。
保健室で寝てました。

公衆の面前で、抱き合うアイシアと純一。
「ご主人様っ!」って、誤解いっぱいです。

なんとか逃げ延びたものの、アイシアのネイティブなところは変化なし。


このまま、おとぼけキャラで突っ走るのかな。

前作では、さくらがおとぼけキャラ担当っぽかったけど、まだまだ良識あるおとぼけでしたものね。あと、美春と役割分担できていたとも言えるし。

今回、美春をすっかりサブキャラに追い込むおとぼけっぷり。
これはこれで序盤は楽しいんでしょうが、音夢が復活するまでは、ことりちゃんに色々がんばってもらわないと、話に収集が付かなくなるような気が・・・?


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dameani.blog7.fc2.com/tb.php/386-6eb6b551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

D.C.S.S.・第4話

「桜並木の向こうに」 アイシアを預かることを決めた純一。「それならば、学校にも… たこの感想文【2005/07/25 10:45】

[アニメ] D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン~第4話 「「桜並木の向こうに」キャプ感想

どうも、モザイクエロ妄想同盟、会員番号001番のjagiです。序盤はあくまでアイシア中心でいくんですな。はなから予想してた事だけど。それならたっぷり堪能してやるぜ!(屮゚Д゚)屮 バッチコーイ!アイシアちゃんが駆けてくるよ!!そんなにおれが恋しいのか!アイシアはお 【馬と戯れる少女逆転スリーラン】【2005/07/26 05:14】

D.C.S.S. ~ダ・カーポ セカンドシーズン~ #4 桜並木の向こうに

今週もダ・カーポはアイシア中心。ことりは結局最初だけの栄光だったのか・・・_| ̄|○・・・アイシア、朝倉家に寝場所を確保、どんな寝起きドッキリがあるかは想像に難くないところ。どうやらリボンが緑のアイシア、ベットもグリーンに統一されており、イメージカラ 木下クラブlog【2005/07/26 09:02】

D.C.S.S. #4 「桜並木の向こうに」

またアイシアが中心の話ですかーアイシア嫌いってワケではなかったんですが、どうも前回からのあの正確には・・・。無口に戻ってくれないかなぁ。それにしてもアイシアどこまで暴走し続ける気なんだ?ではレビュー 俺のタイムラグ【2005/07/28 17:53】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。