プロフィール

だめ兄

  • Author:だめ兄
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ検索

キーワード検索
カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

萌えアニメ系 ダメブログ
萌え系アニメやアニラジ大好きさんが、その場の気分で無意味に書き連ねる、ダメダメなブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.C.S.S. ダ・カーポ セカンドシーズン 10月22日放送
純一のためにお買い物するアイシア。
その姿は、一見、恋する少女のようでした。

「音夢と純一」

アイスを食べたことは、音夢には秘密。
2人だけの秘密を持てて、アイシアはちょっと幸せ。
あと、頼んできた雑誌と間違えて、エッチな本を買ってきてしまったアイシア。
取り替えてきてもらおうとしたものの、せっかく買ってきた本なのでと見入るえっちい純一。
アイシアはアイシアで、「私が純一のために買ってきた本を・・・」なんて、1人で赤くなって幸せになってます。
一見、恋する少女のようでした。


そこへ、音夢帰還。
本来欲しかった雑誌を持ってきて、さりげなくえっちい雑誌を、アイスの棒を一緒に捨ててしまいます。
せっかくアイシアが純一のために買ってきた、えっちい雑誌を。未使用のまま!!
怒れ、アイシア!!

と思ったら、純一が音無にも同じ本を買ってきたことに怒っていたのでした。
でも、音夢は別に頼んだわけでもなく。

汗を拭こうと、お絞りを出すアイシア。
ですが、風があるとかで、音夢は窓を開けてしまいます。

アイスコーヒーを出すアイシア。
そこへ、さりげなくミルクとシロップを出す音夢。

アイシア、どうも面白くありません。
一見、恋する少女のやきもちのようでした。


そのまま、3人でおでかけ。
アイシア。音夢への対抗心でいっぱいです。
公園のベンチでくつろぐ音夢と純一。
なんだか、付け入る隙のない夫婦みたい。
隣のアイシアが浮きまくりですな。

その後、木陰でお弁当を広げます。
家で食べるのと同じなのに、なんか不満なアイシアです。

白河姉が通りかかります。音夢と純一の行為をデートと認定。2人とも黙認。
アイシアだけは、納得できないご様子です。
遊園地とか動物園とか。おこちゃまデートじゃないと満足できないんでしょう。
それに対し、音夢と純一の行動も、結婚生活2ケタ台の夫婦のデートに見えますね。

結婚・出産は早いほうが良いと言われて、赤くなる音夢。
でも、お嫁にいけるって口にした音夢に対し、追い出されると思った音夢はふくれてしまいます。
理解不能なアイシア。あいかわらずおこちゃまだね。


アイシア、音夢観察日記なるものをつけて、徹底調査しているようです。

「アレ」といわれて、その場の状況に応じて必要なものを察することが出来る音夢は、まさしく長年連れ添った夫婦のご様子。

音夢は、常に自分のことはあとまわし。
なんでこんなに、純一のことがわかるんだろう?

アイシア理論では、音夢の不断の努力であると認定しました。

コレだけ見ていると、亭主関白と世話焼き女房に見えて仕方ないです。

で、あまりの状況をみかねて、アイシア爆発。
「純一の鈍感!おばかー!」
やぁ、これはこみっくパーティー瑞樹ちゃんの名台詞「かずきのばかぁっ!!」に迫るものがありかも。
特に「おばかー」の部分!

アイシアは努力に対する報酬がないことをあまりに重視していますが、音無とっては習慣であると言い張ります。
そうじゃなくて、そばにいてくれる事がうれしい。

それは、長年連れ添ってきた夫婦だからこそ出てくる台詞なんでしょう。

アイシア理論、音夢と純一の連れ添ってきた時間の長さが決定的であると結論付けられました。
でも、ほかの女の子が、それではかわいそう。
「それを私の魔法でなんとか出来ないかな」って、まだ言ってるし。

やっぱり、アイシアはおこちゃまですね。






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dameani.blog7.fc2.com/tb.php/656-1c275075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

D.C.S.S.・第17話

「音夢と純一」 純一の頼みごとで買い物に行くアイシア。だが、頼まれていた本と間違 たこの感想文【2005/10/26 10:11】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。