プロフィール

だめ兄

  • Author:だめ兄
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ検索

キーワード検索
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

萌えアニメ系 ダメブログ
萌え系アニメやアニラジ大好きさんが、その場の気分で無意味に書き連ねる、ダメダメなブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よみがえる空 -RESCUE WINGS- 総括
レビューしていない上に、萌えアニメでもないのですが、見ていたので感想を。

別に、能登たんが出ていたから見ていた、って訳でもないのですが。
あと、2人の出身地の岡山とか、舞台である小松に思い入れがある、とか言う訳でもなく。

よく萌えアニメを受け付けないっていう人は、男気溢れるハードバイオレンスモノのアニメは崇高で、萌えアニメは低俗だって意見を言うようです。

が、特にアニメ嫌いな人から客観的に見れば、どっちも同じなんですよね。
現実離れしたフィクションという意味からしてみれば、その方向性が正反対なだけで、フィクションである事には変わりないんですよね。

で、この作品。
当然、フィクションはフィクションなのですが、限りなくノンフィクションに近いフィクション。
しかも、自分が生きる日本という国を守る自衛隊。
その中でも、どちらかというと国民(本来は自衛隊員)を救う任務を帯びた航空救難隊。

内容的にも、戦闘機の任務に就けずに救難隊に配属になった、劣等感ばりばりの主人公。
そして、最近にアニメにありがちなご都合主義もなく、非情にも次々に死んでゆく被害者。
劇中とは言え、それをあまりに坦々と報道するテレビのニュース。
時を同じくするも、無関係に流れていく、東京在住めぐみの日常。


所詮はアニメじゃん、なんて言ってしまえばそれまでなのですが、あまりに現実的な描写に、いわゆる「アニメ」と一線を画すものを感じてしまいました。

途中のロープウェイの話だけは、なんとなく蛇足かなって思ってしまいましたが、それ以外は、純粋な1作品として良質でしたね。

アニメがこんなのばっかりになってしまうのも問題ありですが、たまには作ってもらいたい、いい作品でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dameani.blog7.fc2.com/tb.php/976-9535f074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。